FC2ブログ

魂響和太鼓会【KOKYO 】

埼玉県川口市を拠点に活動している和太鼓チームです。魂響、魂響ジュニア、魂笛、魂響キッズ、響楽部の5部

小さいな出来事

いま 7月26日に三ツ和公園で行われるビアガーデンでの出演に向けて猛練習中の子どもたち!!

みんな太鼓が大好きで みんながライバルであり 仲間でもあります。ジュニアがはじまってまだ8ヶ月なのに 子どもって本当に日に日に成長しているんですよ。そんな子どもの成長の一コマを今回は書いてみます。二人の子どものエピソードです

241小学5年生のNちゃん!5年生らしい恥ずかしさが出てきていて 自分から「やりたい!」という子ではありませんでした。太鼓をやっても踊りを踊っても 表現する事よりも恥ずかしさが先で今回初めて取り入れるロックソーランは練習回数が少くない為あえてNちゃんは、はずしました。でもメンバー発表した次の練習会の時 私に小さい声で「もうメンバーの変更はない?」と聞いてきたのです。私はピーンときました。出たいんだなと・・・「でたいの?」と聞くと「うん」とうなずきました。出たいなら 腰はもっと低くしないとだめだし 次までに振りを完璧に覚えてきてと ちょっと厳しく言いました。でもとってもうれしそうな顔で「大丈夫!!」と言って帰っていきました。 表現する事が苦手な子が 自分が出たいと事を表現できた一歩でした。きっとステージでは いままでとは違うNちゃんが見れると思います。それにかけてみようと思いました。

241小学4年生のRくん!ちょっと目立ちたがり屋で私に怒られる事が一番多かったRくん。でもここ1ヶ月くらいで急に変わりました。すごく真剣になり 私に怒られる事もなくなりました。小さい子たちにいろいろ教える姿もチラホラ その頃から太鼓の腕もぐんぐん伸びてきました。どうしてそんなに変わったんだろうと思っていました。  先日Rくんがぽろっと私に言いました。「俺はいま太鼓が命なんだ。なんで俺が変わったか知ってる?Kキャプテンが太鼓をたたいている俺に がんばれ!!って言ってくれたんだ だから俺変わったんだー」すごくびっくりしました。子どもの一言って大人の言葉より通じてしまうんですね。Kキャプテンの優しさをRくんが受け止めた瞬間でした。

この二人のエピソードは数ある中の一部ですが そんな子どもたちの姿を身近に感じられる私たち指導員は本当に幸せです。子どもたちの変化をキャッチできるように常にアンテナを張り続けたいと思います

 [ 2008/07/15 00:01 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KOKYO

KOKYO
魂響 、魂響ジュニア 、魂笛 、響楽部 、魂響キッズの5部で構成されています。

🍀大人の魂響

🍀小学生から中学生は魂響ジュニア

🍀篠笛の魂笛

🍀小学生以下は魂響キッズ

🍀月1回のやさしいおとなの太鼓部 響楽部

伝統芸能から創作太鼓やロックソーランまで ただひたすら打ち込むチームです。

体験、見学 大歓迎です。 

各部の詳細はカテゴリーのプロフィール・メンバー募集をご覧ください


未経験者でも大丈夫‼️太鼓に興味のある方は下記のお問い合わせからメールください。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

魂に響いた数