FC2ブログ

魂響和太鼓会【KOKYO 】

埼玉県川口市を拠点に活動している和太鼓チームです。魂響、魂響ジュニア、魂笛、魂響キッズ、響楽部の5部

鳩ヶ谷フェスタ本会場&ブルドックソース会場  9月3日

P1030939.jpg P1030940.jpg P1030943.jpg

今年も鳩ヶ谷フェスタの時期がやってきました。ジュニアができてからずっと出演させてもらっていた祭りの一つです。合併により今年で最後という話しもちらほら・・・
なんとなく考え深いものがあります。初めて出演したのは3年前。。。みんな緊張して指導員も同じように緊張していたのがなつかしいです。あの頃がんばっていた子達は大きく大きく成長し、またそれを見にきていた子達が新たに入会していたりとフェスタはジュニアを大きく成長させてくれました。

でもでも今年のフェスタは台風の影響で急激に雨が降ったり、カラッと晴れたり、強風が吹いたりと空がお祭り状態でした。テントが飛んでしまうんじゃないかとか太鼓たたくときに雨が降ってきたら中断するしかないな~とかいろいろ考えていましたが、太鼓をたたく時間にはそんなのも忘れ、すっかり空も落ち着いてくれました。
今年は節電の関係で出演時間は10分しかありませんでしたが、なかなか楽しい10分間でした。


出番が終わり早々と片付けをして次の出演場所のブルドックソース会場へ移動!!

まずは、ブルドックソースでの料理教室でお好み焼きともんじゃ焼きを作りたべました。
P1030950.jpg P1030947.jpg P1030953.jpg おいしかったで~ス

そして、太鼓をたたく会場へ行くとまたもや大雨。。。なかなか止まないので急遽工場の屋根があるところで太鼓をたたく事になりました。でも ジュニアは日頃のおこないがとてもよいので、やり始めるときには 雨も止んで元気いっぱい出演してきました。P1030959.jpg P1030961.jpg P1030958.jpg
最後にはアンコールまでいただいて、前回南七丁目のお祭りでぶち合わせて血迷ったので、今回はロックソーランでしめさせてもらいました。ブルドックソースの皆さんも本当にノリがよく一緒に踊ってくれる人や掛け声をかけてくれる人など皆さんいい方でとても楽しい出番となりました。

一日で2会場で出演し子供達もクタクタでしたが、やはりお祭りはクタクタになるのがいいのです

おつかれさま   

ジュニアの夏のお祭りへの参加はこれでひと段落しました。
でもでもまだまだ続きます。ジュニアは冬までノンストップです






ジュニアの夏!!夏季少年野球大会開会式&南七丁目お祭り

今年のジュニアもありがたい事に忙しくつぎつぎと出番があるためアップが追いつきませんでした。すいませんでした。。。しかも私も出番と遊びに真剣に取り組んでしまい、やっとこ落ち着きましたのでかわいいジュニアの夏を紹介したいと思います。

8月11日 夏季少年野球大会の開会式で開幕太鼓をたたきました。この日はとても暑く出番は朝の8時頃だったのですが準備段階で汗。汗。汗。  今日からはじまる夏季野球大会で勝つを目標にがんばる子供達へエールを送る開幕太鼓でした。でもあまりの暑さに私はジュニアの子達が倒れるんじゃないか、暑さに弱いけいこ先生が倒れるんじゃないかと心配でただ無事に終わることだけを祈っていました。 
だれも倒れることなく終了できてホッとしました。  おつかれさま
P1030802.jpg



次は8月21日に鳩ヶ谷市の南7丁目のお祭りに参加させてもらいまいた
この日は朝から雨で、公園ではなく辻小の体育館に変更して行いました。
今回はジュニア太鼓をちょっとグレードアップし 大太鼓6台 かつぎ太鼓2台 小太鼓5台の計13台でやってみました
室内ということもあり、ばんばん響いて聞いてる私たちも気持ちよかったでした
アンコールもいただき 私は何を血迷ったか最近まったく練習していないぶちあわせ太鼓をやらせてしまい、ちょっとミスってしまったけどここは子供達も私も笑ってごまかしてしまいました  テヘテヘ
でも太鼓のできはすごくよかったです
おつかれさまでした

南七丁目の写真はありません  すいまえん


プロフィール

KOKYO

KOKYO
魂響 、魂響ジュニア 、魂笛 、響楽部 、魂響キッズの5部で構成されています。

🍀大人の魂響

🍀小学生から中学生は魂響ジュニア

🍀篠笛の魂笛

🍀小学生以下は魂響キッズ

🍀月1回のやさしいおとなの太鼓部 響楽部

伝統芸能から創作太鼓やロックソーランまで ただひたすら打ち込むチームです。

体験、見学 大歓迎です。 

各部の詳細はカテゴリーのプロフィール・メンバー募集をご覧ください


未経験者でも大丈夫‼️太鼓に興味のある方は下記のお問い合わせからメールください。

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

魂に響いた数